MENU

今なら薬剤師は転職で年収アップが狙えます

薬剤師は、転職先として一般企業に勤めることも可能になっています。

 

企業の中には、薬剤を販売していたり、化粧品を扱っているところも多くなっているのですが、
その際に薬剤師の資格や知識が必要となってくるのです。

 

一般企業に転職した場合、直接命にかかわる仕事を行う必要がなくなってきますので、
その分精神的なプレッシャーを感じずに仕事を行っていくことができるでしょう。

 

また、有名な企業に勤めることで、高額なお給料をもらうことができますので、
お給料面でのこだわりがあるという方にも最適となってきます。

 

マイナビ薬剤師  

 

約40,000件以上の求人があり、お一人あたりに紹介してくれる平均ご紹介求人数は、  約21.1件なので、きっと自分にあったところが見つかるはずです。  現場の薬剤師さんにもリサーチしているので実際の職場の雰囲気なども教えてもらえます。  マイナビは人材関連サービスを40年以上の実績があるので、  サポートも安心して任せて大丈夫だと思います。

薬剤師ではたらこ

 

応募・面接の日程調整や履歴書アドバイスなどもしっかりサポート!
非公開の人気求人も紹介してくれます。

薬剤師転職ドットコム

 

薬剤師転職ドットコムは、全国5,000件以上の調剤薬局や医療機関などから、求人情報があり非公開求人も多数保有しています。履歴書の作成や面接練習などの基本的な転職サポートはもちろん、面接にも同行し面接対策もしてくれます。

薬剤師の求人・転職のことならファルマスタッフ

 

ファルマスタッフでは1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリングしています。そのため、求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映しています。今すぐ転職を考えている方もちょっと考え中の方にも対応できます。

 

 

 

外資系の企業がおすすめ

一般の企業に転職する際には、外資系の企業に注目することで、
より多くのお給料を稼ぐことも可能です。

 

外資系の企業の場合、海外から薬剤を輸入販売する時に、
薬剤師の知識が必要となってきますし、ほかの会社と比べてお給料も高い水準になっているため、
豊かな生活を目指したい方にも最適となっているのです。

 

この場合、医療施設とは違い、事務的な作業も必要となってくるのですが、
資格を活かしながら高給を稼ぎ出したい方は、
満足感を感じながら仕事を行っていくことができるでしょう。

 

薬剤師の需要が高まってきている今なら、
その他にも様々な形でその資格を活かしながら働いていくことができます。

 

 

 

 














薬剤師の資格を取るための国家試験は、1年に1回あります。薬剤師の人数の不足が問題視されている日本のためには良いことに、直近数年の薬剤師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを持ち続けています。



薬剤師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な国家試験です。実際、薬剤師が転職する理由は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。女の人が多くいる仕事ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。


その時、パワハラやイジメが転職しようと考える理由という人も存在します。
ひどい環境を我慢して働くと、体調を崩しやすくしますから、すぐにでも転職を考えましょう。



いわゆる薬剤師の人のための転職サイトの中で、祝い金をくれるところがあります。転職するだけなのにお金をもらえるのはラッキーですよね。



そうは言っても、お祝い金をもらうためには条件がないことは少ないので、先にチェックしておくようにするのが良いでしょう。それに、お祝い金がもらえないサイトの方が充実したサポートを提供している場合も少なくないです。

薬剤師が仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。

たしかに、専門職である薬剤師が不足し困っている職場は多いのですが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、焦らず比較検討するとよいでしょう。

とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、募集案件が多数紹介される頃まで控えるのがよいでしょう。



薬剤師が転職をするには、未来のことを考え、迅速に行動することが重要です。

それから、どんな点が大切なのかを決めておくのがオススメです。
将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めるようにしましょう。



年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件もリストアップしておきましょう。
将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする薬剤師も存在します。

薬剤師としての腕を上げることで、収入アップを目指すこともできます。

薬剤師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分がぴったりだと感じるところを探してみることは重要です。



自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。
高校に入った時点で衛生薬剤科に入学すると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、薬剤師の資格を得るのが、一番早いでしょう。ただし、途中で薬剤師以外の職業に就きたくなっても変更は困難です。

また、最低5年で試験を受けられますが、期間が短いので勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。

薬剤師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。

特に薬剤師は仕事と子どものことの両立が困難なので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、働く日の少ない仕事だったりが探せると良いと思います。子育ての期間だけ薬剤師を休業するという人もいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、薬剤師の資格を有効利用できる別の職を探すことを勧めます。産業薬剤師は働く人の健康のために保健の指導やうつ病防止のためのメンタルケアもします。
産業薬剤師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワーク等で見つけるのはほとんど不可能です。
興味を持たれた方は薬剤師専用の転職HPを利用してください。



転職サイトなら産業薬剤師の求人も頻繁に載っているでしょう。

病院などで働く薬剤専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、勤労条件についての要望を始めにリストアップするのがよいでしょう。



日中だけの勤務がよい、オフはたくさんあるのがいい、できればお看取りの場は避けたい等、要求にも個性があって当然です。


薬剤スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、不満がたまるような勤め先で我慢して勤める必要はないのです。



薬剤士になりたい理由は実際に、どのようなことをきっかけにして薬剤師を目指すようになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。

転職の場合、その理由は今までに培ったスキルを活かしたいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないことが大切です。薬剤職の人がジョブチェンジするやり方は、最近ではインターネットを利用するのがマジョリティと言えるようになってきました。


薬剤スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、出費もありませんし、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報を検討することも可能です。



今よりよい仕事に就くためには、様々な角度から調査することが要となりますので、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。高校進学の際に衛生薬剤科に進むと、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、最速で薬剤師になれるでしょう。


しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは簡単ではありません。また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、短い準備期間のために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。

薬剤師の勤務状態は、異業種と比較して特殊である上に職場によっても違います。
一般に、2交代制か3交代制のシフトで回しているというケースが多いでしょう。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。


ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制がいいと思う薬剤師も少なくありません。



薬剤師国家試験に合格するよりも、薬剤学校の卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。
薬剤学校はかなり厳しく、レポートが遅れてしまったり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。

そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、薬剤師国家試験にも合格した人は、できれば、薬剤師の職についてもらいたいですね。
産業薬剤師とは、企業に勤務する薬剤師のことを指します。

薬剤師と聞けば病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所に勤務する人もいます。

具体的な仕事内容やその役目は勤務会社により多様ですが、従業員の健康維持と健康管理はどの企業でも行う仕事と思ってください。



あと、結婚するときに転職しようとする薬剤師もかなりの数います。配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職する方が良い選択でしょう。

今後、育児を行っていく気があるのなら結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職をすると生活しやすいですね。



イライラしがちだと子どもがなかなかできなくなってしまうので、気をつけましょう。



高齢化が進み、薬剤師は福祉施設でも需要が多くなってきているのです。
それに、大手の会社になると医務室等にも薬剤師がいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを行っております。

このような事例の場合は、社員としてその会社や企業に入社することもありうるでしょう。

いわゆる薬剤師の人のための転職サイトの中で、祝い金をもらえるサイトが存在します。



転職をすることで祝い金を出してもらえるなんて嬉しくなりますよね。

けれども、祝い金を出してもらうためには条件が大抵はあるため、先にチェックしておくようにするのが良いでしょう。

また、祝い金を出してくれないところの方がサービスが良い場合も出てきます。薬剤専門職が違う仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、薬剤師は人手不足といえどご縁がなかったということにもなるのです。



良い雇用環境と思われる仕事場はライバルがその分多数いると考えて、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして採用面接に向かうことが大切です。場にふさわしい端正な装いで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。